コンクリートを内側から砕く、合理的で能率的な静的破砕工法

バースターは、コアドリルによって穿孔した孔に油圧シリンダーを挿入し、加圧することで、柱、梁、壁、基礎など厚さ300mm以上のコンクリートを効率よく破砕します。最大2000トンもの破砕力を発揮することが可能で、無筋あるいは、鉄筋の少ないコンクリートに適しています。他の切断工法と比較して、コストと効率の面で優れています。

工事風景1
バースター工事風景1
工事風景2
バースター工事風景2
工事風景3
バースター工事風景3
【用途】
ビルなどの大型構造物の基礎コンクリート破砕工事。
港湾・河川などのコンクリート障害物の破砕工事。

バースターマシン

バースターマシン

仕様表
バースターマシン
形式 4B3000
全長 1370mm
全幅 570㎜
全高 650㎜
重量 135kg
最大破砕能力 2000t(8本使用時)
使用シリンダー SP280
孔径 φ200mm
バースターヘッド
形式 SP280
全長 200mm
全幅 130㎜
全高 1020㎜
重量(本体) 32kg
重量(プレート) 7kg
破砕力(1本当たり) 250t
最大ストローク 60mm

バースター工法 施工事例

機械設置状況
機械設置状況
破砕状況
破砕状況
破砕断面
破砕断面

こちらの事例では最初に、コンクリート基礎にフラットソーで切込みを入れ、切込みに沿って、一定間隔でコアドリリングにより穿孔しています。その後、コア孔にバースターヘッドをセットしコンクリート基礎を分割することで、効率的に解体しています。

お気軽にお問い合わせください。03-3417-1913

メールでのお問い合わせはこちら